×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

ツル目クイナ科
GRUIFORMES Rallidae

ヒメクイナ

英名: Baillon's Crake
学名: Porzana pusilla
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
ヒメクイナ成鳥
解説

写真の個体は成鳥夏羽。

日本では数少ない旅鳥または冬鳥として記録され、本州中部以北で繁殖する。湿地や水田等に生息するが、他のクイナ類と同様に潜行性が強く、姿を見る機会はほとんどない。

中流域では2009年4月に渡り途中と思われる個体が確認されたのが唯一の記録。16~19cmと小型であることに加え、鳴き声はカエルと混同しやすく、渡来していても見逃されている可能性がある。

2009.4.19 中川原橋下流 宮岡速実

ホーム | 戻る

     
     
     
     
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.