×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

スズメ目ムクドリ科
PASSERIFORMES Sturnidae

コムクドリ

英名: Chestnut-cheeked Starling
学名: Sturnus philippensis
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
コムクドリ雄
解説

写真の個体は雄成鳥。

本州中部以北に夏鳥として渡来し、中部以南では渡りの時期に見られる。中流域では渡りの時期に1~数十羽が観察される。樹木の減少のためか、最近、春期の記録が少なくなった。春期は個体数が少なく、本種だけの群れでいるが、秋期は数羽から数百羽ほどがムクドリの群れに混じる。

複雑な婚姻関係を持ち、雄の頬斑の大きさが繁殖形態に関係していることが示唆された研究報告がある。

2008.4.12 馬小屋南 小川次郎

ホーム | 戻る

雌成鳥 雄成鳥 雄幼羽~成鳥冬羽
コムクドリ雌 コムクドリ雄 コムクドリ雄
2005.5.3 2008.4.12 2007.9.24
警察犬訓練場付近 馬小屋南 馬小屋付近
小川次郎 小川次郎 宮岡速実
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.