×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

スズメ目ヒバリ科
PASSERIFORMES Alaudidae

ヒバリ

英名: Eurasian Skylark
学名: Alauda arvensis
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
ヒバリ雄
解説

写真の個体は成鳥。

全国の草地、砂地、農耕地に生息し、比較的荒れた土地に多い。中流では一年を通して生息しており、繁殖も確認されている。春から夏にかけてさえずりが聞かれるが、秋や冬にも暖かい日にはさえずりを聞くことがある。

冬期には亜種ヒバリA. a. japonica の他に亜種オオヒバリA. a. pekinensis や亜種カラフトチュウヒバリA. a. lonnbergi が渡来すると言われるが、野外での識別は困難。

2007.3.3 かきつばた樋門西 小川次郎

ホーム | 戻る

囀る雄成鳥 成鳥  
ヒバリ雄成鳥 ヒバリ成鳥
2005.4.28 1995.11.6  
豚小屋用水路西 佐野章雲  
小川次郎 学校南  
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.