×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

チドリ目シギ科
CHARADRIIFORMES Scolopacidae

ホウロクシギ

英名: Far Eastern Curlew
学名: Numenius madagascariensis
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
ホウロクシギ成鳥
解説

写真の個体は成鳥。

シギ類の中では最も大型。全国に旅鳥として飛来し、干潟や河口など、広大な環境に飛来する。長い嘴を泥に差込み、主にカニを主食とする。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。

重信川河口には毎年1~数羽が飛来するが、中流域では2005年3月13日に移動途中と思われる1羽が観察されたのみで、泥質でない中流域に今後飛来する可能性は低い。同属のチュウシャクシギは中流域でも見られる。

2005.3.13 中川原橋上流 上沖正欣  

ホーム | 戻る

成鳥(同上)    
ホウロクシギ成鳥
2005.3.13    
中川原橋上流    
上沖正欣    
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.