×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

アマツバメ目アマツバメ科
APODIFORMES Apodidae

ヒメアマツバメ

英名: House Swift
学名: Apus affinis
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
ヒメアマツバメ
解説

写真は飛翔姿の上面。腰が白いのが分かる。下面(写真下)は喉が白い。

以前は稀にしか記録されていなかったが、1960年代から全国的に観察例が増加し、最近では各地で普通に繁殖・越冬している。都市部から山間部にかけて断崖や岸壁の亀裂、イワツバメの巣や人工物を利用して集団で営巣する。

中流域では渡りや越冬時期に1~数十羽の群れが上空を飛翔しているのが観察される。

2013.2.24 警察犬訓練場付近 小川次郎

ホーム | 戻る

ヒメアマツバメ(下面)    
2013.1.26    
中川原橋上流    
小川次郎    
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.