×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

スズメ目カラス科
PASSERIFORMES Corvidae

ミヤマガラス

英名: Rook
学名: Corvus frugilegus
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
ミヤマガラス成鳥
解説

写真の個体は成鳥。

冬鳥として主に西南日本に渡来する。平地から山地の農耕地、林などに生息し、数十から数百、時には数千ほどの大きな群れを作る。近年、コクマルガラスと同様に越冬分布を東に広げつつある。

中流では冬期に数羽から数百羽の群れが観察される。塒へ向かう途中の群れが見られることが多い。ハシボソガラスの群れに混じっていることもある。

通常は農耕地付近の林縁に塒を形成するが、調査区域に近い松山市の繁華街で数百羽が就塒しているのが確認されたことがある。

2009.10.31 JR鉄橋付近(右岸側) 小川次郎

ホーム | 戻る

成鳥    
ミヤマガラス成鳥
2002.2.8    
かきつばた北    
上沖正欣    
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.