×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

スズメ目ムシクイ科
PASSERIFORMES Phylloscopidae

キマユムシクイ

英名: Yellow-browed Warbler
学名: Phylloscopus inornatus
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
キマユムシクイ
解説

写真の個体は成鳥。

日本では稀な旅鳥として、主に日本海側の島嶼部や南西諸島で少数が観察される。南西諸島ではごく一部の個体が越冬している。林縁部や農耕地などの比較的開けた場所でも見られる。地鳴きはメジロに似た「チュィー」という声。

愛媛県内では数例しか記録がない。中流域では2012年1月に初めて記録され、2017年5月にも記録された。鳴き声がメジロに似ており、体が小さく動きが素早いため、渡りや越冬個体が見逃されている可能性がある。類似種のカラフトムシクイは、頭央線が明瞭で腰に黄色部があることで区別できる。

最近になってキマユムシクイP. inornatusの隠蔽種としてP. humeiP. mandeliiが認められた。これら3種は形態的特徴は酷似しているが、分布域や鳴き声などが異なっている。

キマユムシクイ
2012.1.7 かきつばた樋門付近 渡辺奈央

ホーム | 戻る

成鳥(同上)    
メボソムシクイ
2012.1.7    
かきつばた樋門付近    
渡辺奈央    
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.