×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム | 戻る

◆ 重信川中流域鳥類図鑑 ◆

スズメ目ホオジロ科
PASSERIFORMES Emberizidae

ミヤマホオジロ

英名: Yellow-throated Bunting
学名: Emberiza elegans
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                               
ミヤマホオジロ雌
解説

写真の個体は雌成鳥夏羽。

冬鳥として全国に渡来し、西日本に多く東日本では少ない。平地から山地の林や草地などに生息するが、あまり開けた場所には出てこない。対馬など一部地域では繁殖する。

山地に多いため、調査区域内では稀。2005年4月18日に雌が1羽、初めてサンパーク内で観察された後、サンパーク内で数回の観察例があるのみ。サンパーク内の庭園が放置され、下草が繁茂したことや寒さが厳しかったことなどが原因と考えられる。

2006.3.21 サンパーク内 小川次郎  

ホーム | 戻る

     
     
     
     
Copyright (C) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.